Repair & Data Rescue.

PowerMac 7600[データ救出]

 

 

 

 

 

 

 

起動時にガラスが割れた「カシャーン」という音がして起動しないという状態でお預かりさせて頂きました。
本体を確認したところ、メインのロジックボードが損傷。
お客様としては、本体よりもデータの救出をご希望とのことでしたので、
内蔵ハードディスクを取り出し、データ救出を試みたところやや損傷は見られましたが無事救出出来ました。
この頃の機種はSCSIという既に生産されていないだいぶ古い規格のハードディスクが使用されているので救出の為には、
やや古い機種を使用します。

救出したデータはCDに焼いてお戻しさせて頂きました。
また、音楽作成に使用されていたとの事でしたので現状の使用している機器やアプリケーションなどを踏まえて
別途環境をご提案させて頂き構築もさせて頂きました。
今回は、お客様のご希望もあり本体自体も最新のものではありませんが、
PowerMac 7600より新しい機種にて万が一トラブルがあっても
対応がしやすいという部分を重点的環境を構築させて頂きました。

株式会社アースト

http://arst.jp

mac@arst.jp

03-3709-9993

年中無休で10:00-19:00にて営業しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です